フィギュアを高く売りたいなら今すぐ売るべき理由

フィギュアを高く売るコツ

引っ越しを機にフィギュアを手放す、フィギュアの趣味が変わったので今まで集めていたフィギュアを処分するなど、フィギュアを売る理由は様々だと思います。

では、フィギュアを売ると決めたら、今すぐに売るべきなのか、それとも売らなければいけない期限ギリギリに売った方がよいのか、どちらか高く売れるか分かりますか?

100%とは言えませんが、かなりの確率で「今すぐ」売った方が高く売れるのです。

\商品名で買取額を検索できる!/

買取金額は需要と供給で決まる

そもそもフィギュアの価格は商品の製造原価やクオリティなどにより定価が決まります。クオリティの高いフィギュアは当然定価も高いですよね。

しかし、フィギュアはこの他に「人気」と「希少性」が付加価値として加わり、実際に取引される金額(市場価格)が決まります。

例えばゲームセンターやアミューズメント施設のUFOキャッチャー、クレーンゲームなどで景品になっているプライズ品は、風営法という法律により仕入額が800円までと決まっています。

つまり、プライズ品のフィギュアの本質的な価値としては800円の価値しかありませんが、ワンピースやラブライブなどのキャラクターとしての人気と、そのフィギュアが欲しい人の需要と市場に出回っている供給のバランスが加味されて市場価格は決まります。

ようするに、フィギュアを高く売るには「供給より需要の方が多い状態」、つまりフィギュアのキャラクターが登場しているアニメや漫画が人気のうちに売ることがポイントです。

売るタイミングを逃すと買取金額が急激に落ちることも

人気のアニメや漫画でも、タイミングによりフィギュアの買取金額は大きく変わります。

私の大好きなアニメ「ワンピース」を例に挙げると、ルフィーの兄エースが海軍に処刑されるのを阻むために大戦争を描いたマリンフォート頂上決戦編がちょうどジャンプで連載されていたころ、白ひげ海賊団の船長エドワード・ニューゲートのフィギュアはものすごい人気でした。

フィギュアはすぐにプレミア化し市場価格が高騰していましたが、マリンフォート頂上決戦編が終了してからしばらく経つと白ひげ人気も落ち着き、市場価格が急落したということもありました。

決してワンピース自体の人気が無くなったわけではありませんが、漫画やアニメの今現在の内容によってもこのような現象は発生しますし、他にも進撃の巨人などでも同様の現象は起きています。

フィギュアの買取価格は各買取店で定期的に見直しをしているため、同じフィギュアが売るタイミングのよって数千円違うことはざらにあります。

フィギュアの売却を検討しているのであれば、売るタイミングだけは逃さないように気を付けましょう。

\商品名で買取額を検索できる!/
 

\フィギュアを高く売りたい方必見!/ フィギュア買取店おすすめランキング